Press "Enter" to skip to content

元々、基礎化粧品を使用するのは当たり前です

元々、基礎化粧品を使用するのは当たり前ですが、同じ基礎化粧品ならエイジングケアのコスメを使用したほうが良いと思い、最近、基礎化粧品を変更してみることにしました。やはり年齢相応の商品のようで、使うと肌のツヤやハリなどが明らかに異なり化粧のノリまでもが違い、もっと早くから使っていればよかっ立と感じています。若い頃には考えもしなかったようなシミが、30代半ば頃から顔や手の甲に見え始め、見るたびに増えているような気がします。

何故こんなことになってしまったのか?訳はひとつしかありません。

日焼けによる紫外線のダメージです。母となり、最初はベビーカーを押して、その後は手をつないで、平日は二人で、休日は夫といっしょに公園に行き、おこちゃまの大好きな遊具や砂あそびでゴキゲンな時間を過ごします。身支度はもちろん、おこちゃまが最優先です。

とて持とても念のために日焼け止めを持つなんてできません。

紫外線は帽子だけでは防げませんから、地面からの反射を防ぐにも日焼け止めを塗ろうと思います。

ここ2、3年前から母親は顔にできてしまったシミに頭を抱えていました。それがどれだけのおおきさかはだいたい十円玉のおおきさが一つ、もうちょっと小さいものがいくつか両頬に散乱していました。1年ほど前、母親の美肌友達より「発芽玄米はシミにいい」と聴き、さっそく毎回のご飯にできる限り摂取してきました。

その結果、シミは薄れてきています。

毎年、梅雨と言えばカビを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。高温多湿な季節は、私達の肌に日頃から存在している菌も増えるのが当然でしょう。

真菌の中にマラセチア菌というものがありますが、この菌が引き起こすとされるいわゆる「でん風」という皮膚病がありますが、体の部位を選ばず発症します。一見、シミのように見える茶色いでん風もありますが、そこだけ色が抜けたように真っ白になってしまう場合もあります。

なんだか変だな、と思う場合は、勝手に「シミだ」と判断せず、まず皮膚科に行き、相談をしてみてちょーだい。沢山のシミが肌にあると、もっと若いのに!と言いたくなるほど老けて見られてしまいますよね。年齢を重ねるにつれて、皮膚の回復力が弱化していき、日焼けに対して油断ができ無くなりますから、十分な日焼け対策が必要となります。基本的な日焼け止めや帽子で紫外線をカットし、また、トマトやキャベツといった食べ物によってビタミンCを、今までよりももっと摂っていきましょう。表面の脂分が汚れをくっつけたり毛穴を塞いだり、黒ニキビに変わることも多いです。このような肌荒れを何回持つづけると、シワやシミ、たるみを引き起こしてしまいます。肌トラブルを防ぐために一番大事なのは洗顔です。たっぷりと泡たてて丁寧に洗顔することを行なうようにしましょう。ただし、一日にたくさん顔を洗うと反対に肌を傷めてしまいます。

体調が崩れやすい季節の変わり目、それから過酷な夏が終わったばかりの秋から冬にかけての時季、くれぐれも肌の乾燥には気を付けたいものです。ちゃんとケアしていないと、目の周りはすぐ小シワだらけになってしまうし、乾燥があまりに進み、赤く腫れたようになったこともあります。こういう時期ですから、大切な肌のためにスキンケアは入念に行なうようにしていますが、化粧水や乳液でのケアだけでは物足らなくなってきてオイルの使用も始めてみました。

お肌に使うオイルはなるべくならいいものを、と考えていますが最近では特にココナッツがいい感じで、つづけて使ってみています。

近年の美容技術の進歩には目覚ましいものがあり、肌のシミも消してしまえる技術があります。シミを消すにはどんな方法があるかといえば市販のシミを改善するためのアイテムを使うことによってシミが改善されるかトライするやり方、美容クリニックでシミを消すコースを受けるやり方の2つのやり方に分けられます。

金銭的、それに、時間的な負担を考えて、自分に合った選択でシミの改善を目さしてちょーだい。

乳酸菌、ビタミンB、フルーツ酸などがヨーグルトは豊富です。乳酸菌はガスの発生を抑え、お肌を内側から健康に整えます。ビタミンBはお肌のターンオーバーを活発にする役目を担っています。また、フルーツ酸は皮膚表面の角質層の結合を弱くし、角質層を薄くしていく役割を持っています。

このような作用を活かすことでシミやくすみを改善し、美白する効果を持っています。シミやくすみ減少に有効な食物です。

ずいぶん前から、美白重視の肌ケア製品を使用していましたが、肌にマッチしなくなり、保湿とアンチエイジングを重んじる製品へ交換しました。化粧水が何種類あるのに当初は戸惑いましたが、冬真っ盛りでなければ、洗顔後のスキンケア方法はこれのみでOKです。冬季の時期には夜のケア時にクリームを塗布するだけという簡単なものになりました。