Press "Enter" to skip to content

シワが加齢によって増えていくのは仕方ありません

シワが加齢によって増えていくのは仕方ありませんが、若いのにシワが多い、という人も確かにいます。

どうしてシワができるのかというと、最も大きな原因とされているのが乾燥なのです。肌の水分が足りなくなって、乾燥してシワはこうやって増えていく所以です。

目尻は皮脂の分泌が少ない部分です。

そのためここは他の部分よりずっと、乾燥に弱いとされていて、こうしてこの場所にいち早く、小ジワが出現してしまうのです。それからこれも加齢に伴う自然現象ですが、皮膚の張りを保っているコラーゲン、ヒアルロン酸、これらは減って行く事になり、シワ、たるみは加齢によっても増えていく所以です。出産後の赤ちゃんのスキンケアについて書いた記事は多いですが、ママの肌について書かれていることは少ないように感じます。

ホルモンは生理周期でも変化しますが、妊娠により数ヶ月以上安定していたアトは影響が大きく、肌の乾燥(しわ)や、ニキビ、しみの定着などが起きます。個人差はありますが、ある程度は自然な反応と言えるでしょう。エストロゲン(女性ホルモン)は肌のハリを保つ効果がありますが、出産後の急な減少のせいで肌は乾燥に傾く場合がほとんどです。夏場は湿度のせいで気づかず、秋になって悪化するので注意してくださいね。

また、肌が刺激に弱いのもこの時期の特長です。外からの影響をうけやすいため、産後の肌質の変化に対応するには、極力マイルドで添加物の少ない化粧品でたっぷりと肌を保湿していきましょう。

授乳期のママはおこちゃまのことで手一杯かもしれませんが、安心して頬ずりできるようなスキンケアアイテムを選びたいですね。太ると老けるなアト思ったので、雑誌で見たダイエット(ファスティング)して、引き締まるところが引き締まったので、全身体に良い感じのボディラインになりました。でも気になることもあるんです。

リバウンドしないよう気をつけて、運動も併用していたのですが、首や顔の肌がくすんで、夕方にはシワが目たつことも(!)。

せっかく痩せたのに、残念です。どうでしょう。これってダイエットと関係あるのでしょうか。

とりあえずダイエットはやめて、スキンケアを重点的にしていく予定です。

顏のシワには困ったものです。

できれば、なんとかできるものなら、したいものです。

シワのできる原因はさまざまあれど、つまるところこれは老化現象であり、もう一つは紫外線の影響が、とっても大きいことがわかっています。シワ予防には紫外線カット、日焼け止めをちゃんと使い、帽子や日傘などの紫外線カットアイテムで、夏だけでなく一年を通して対策を施し、そこまでしていても日に焼けてしまった場合は、放置しておかず、すぐに肌を冷やしてほてりをとり、化粧水を吸収指せたら、美容液でしっかり保湿して、シミを予防し、かつ乾燥を防ぎます。こういったこまめな手当てでシミ、シワ対策をし、それが結局はアンチエイジングに持つながります。シミは、ご自宅で行うスキンケアでもそれなりには改善すると考えられます。

とはいえ、すっかりキレイにするというのは大変難しいといえます。ただし、望みがない所以でもないです。美容外科であれば奇麗に消すことが出来ます。どうしても気になっているシミがあれば、一度、美容外科に相談に行っても良いと思います。今では、カウンセリング無料のクリニックも多くなりました。顔にシミがあるだけで、見た目年齢を引き上げてしまいます。そもそもシミとは何なのかというと、表皮の細胞の内に生成されてしまったメラニン色素が表面から剥がれることなく蓄積されたものです。お肌のターンオーバーを正常化することで少しはシミを目たたなくすることが可能となりますが、ピーリングによって古い角質を落とせば、効果をより実感できることでしょう。とはいえ、ピーリングをし過ぎるとお肌に負担をかけるというリスクもあります。以前は気にならなくても、加齢と共に、肌のシミが気になり始めるものです。気になって仕方がないシミには、漢方を試してみませんか?漢方により直接シミを消すというよりは代謝を良くすることにより、体の中のシミのモトが少なくなったり、シミの悩みを少なくしていきます。

体調が整いますから、漢方はシミ対策と同時に、体調にも効果が期待できるのです。

肌に皺ができる原因のひとつとして紫外線と乾燥は特に大きく作用していると思います。

肌の深い部分の水分が不足すると、細かいヨレ(昔は縮緬皺と言いました)が出て、しわができやすくなります。

目の周りは代謝が低くて皮膚も薄いため乾燥によってシワの基になるくすみが出やすく、どこよりも先に年齢を感じやすいのです。

肌のハリを生み出すコラーゲンとかヒアルロン酸の減少も加齢により加速するので、フェイスラインのくずれなどもできやすく、一度出来ると消えにくいのも特長です。特に肌トラブルの中でも男女や年齢などに関係なく多い悩みは、ニキビが圧倒的だと思います。

ニキビと一括りで呼んでも、多くの種類があり、その理由、原因も多くあります。

しっかりニキビの原因を知り正しい治療を行うことがきれいな肌になる初めの一歩なのです。基礎化粧品はお肌に直接つけていただくものですので、効果ももちろん重要ですが、良い素材が使われているかにも拘りたいものです。お肌にダメージを与えないためにも、使われている成分や原材料をよく見て、化学物質の表記のないもの、可能であればオーガニック素材の製品を選びたいですね。