Press "Enter" to skip to content

女性の身体は、出産後しばらくの期

女性の身体は、出産後しばらくの期間、妊娠期から出産までの体内ホルモンバランスから大聞く変化してしまい、多彩なトラブルが起こるようです。シワ、肌荒れ等の肌トラブル(まずは、その肌トラブルが起こってしまった原因を知り、改善していくことが大切でしょう)もよく目たつために、悩む人は多いです。プロゲステロンやエストロゲンといった女性ホルモンの分泌が出産を終えた途端、急にその量を減らし、更にストレスや睡眠不足で肌の大事なバリアの機能が低下し、乾燥しやすくなってしまいます。

それに、敏感肌になる人も多いようですから、できれば無添加で低刺激の基礎化粧品を使って保湿に重点を置いたスキンケアをつづけるのがいいようです。

お肌のトラブル、その中でもかゆみの原因は皮膚炎やアトピー性皮膚炎なことも少なくありません。
http://www.camtechphoto.com

でも、肌の乾燥が原因だということもよくあるのです。

とりりゆう日本の冬は乾燥しますから、乾燥肌のかゆみ用クリームのCMをよく見ます。これらを使用すると、かゆみが治まることがよくありますが、長引くなら皮膚科に行って診て貰うことを勧めます。女性は出産後、体が妊娠前の状態に戻ろうとします。生理的にホルモンバランスが大聞く入れ替わる時期なので、肌にもトラブル(しみ、しわ、過敏症等)が生じることは避けられません。エストロゲン(女性ホルモン)は肌のハリを保つ効果がありますが、出産後の急な減少のせいで肌は乾燥に傾く場合が大半です。夏場は湿度のせいで気づかず、秋になって悪化するので注意が必要でしょう。

少しの刺激でも肌に強く作用してしまう時期なので、低刺激で無添加のスキンケアアイテムを選び、保湿に重点を置いたお手入れをしたほうがよいでしょう。

また、できるだけ睡眠もとるようにしましょう。

敏感肌は、大変デリケートなので、洗顔が適切でないと、肌のトラブルが起きることがあります。

クレンジングをする時、顔をごしごし洗ってしまいがちなものだと思いますが、お肌の弱い人は、力を入れて顔を洗ってしまうと、特に肌のトラブルを起こす可能性があるのです。正しい洗顔方法で敏感肌のお手入れをしましょう。基礎化粧品は誰もが使用すると思いますが、同じく使用するならばエイジングケアの化粧品を使ったほうが効果的だと思い、最近基礎化粧品を変更しました。やはり年齢相応の商品のようで、実際使用してみたら肌のツヤ、ハリが明らかに変わりとても化粧のノリが良く、こんなことなら早くに使用を始めるんだったと後悔しています。秋冬の乾燥しがちな季節はもちろん、エアコンの効きすぎた夏も肌へのダメージが気になりますよね。

ですけど、毎日行なうスキンケアは意外と面倒くさいんです。その場合に便利なのがオールインワンという商品です。

昨今のオールインワンはまあまあよく出来ており、べた付きもあまりなく、保湿効果がちゃんと実感できるのが嬉しいです。肌の悩みで最も多いのは水分不足ではないでしょうか。水分不足はとてもやっかいで、それに起因して小じわが出来てしまったり、荒れた肌の原因になります。

そんな悩みにお薦めしたいのが、化粧水をお風呂上がりにすぐつける事です。お湯を浴びたにもか変らずお風呂上りは肌が一番乾燥しているので、10秒以内を目さして化粧水をつけるのが目標です。スキンケアを怠ると、どうなるかというと、多数の人は肌がボロボロになることを想像するのではないかと思いますが、実は正反対で意外に肌は綺麗になります。化粧品を使用するというのは肌に悪影響を及ぼすので、それを除去してワセリンだけを使用するのが最も優しいお手入れ方法だと言えます。

私は花粉症ですが、スギ花粉の季節が近づいてくると、肌が敏感になり肌荒れを起こしてしまいます。ですから、その時期にメイクをしたら余計に肌トラブル(まずは、その肌トラブルが起こってしまった原因を知り、改善していくことが大切でしょう)が悪化するので、ナチュラルなメイクだけを行っています。アイメイクだけでもやりたいなと思いますが、敏感な肌になっているため、目がより痒くなり、出来なくなっているのです。

吹き出物がでてしまうと治癒してもニキビの跡が残ることが多々あります。気になってしまうニキビ跡を除去するには、赤くなっているニキビ跡にはビタミンC配合の美容液や化粧水で、色素が沈着したニキビ跡にはピーリングジェルが有効です。