Press "Enter" to skip to content

年齢を重ねたお肌は色素沈着によるシミがあるもので

年齢を重ねたお肌は色素沈着によるシミがあるものです。それでも、何か改善できる手だてがないかと思ってしまうのが女心なのです。

シミを改善したくて私が試したことと言えば最初に試したのはビタミンC誘導体、その次には、ハイドロキノンの導入をおこないましたが、満足できる結果が得られず、今のところレチノールを主に使用しているのです。

最終的に、シミを取り除くには、美容外科のレーザー治療に頼らざるを得ないのかも知れません。困ったことに、お肌にできでしまったシミは、それだけのことで見た目を老けさせてしまいます。そもそもシミとは何なのかに着目すると、皮膚の細胞内で産生されたメラニン色素がはがれずに肌に残ってしまったものです。

肌のターンオーバーを促進することでシミの軽減が期待できるのですが、ピーリング(美容用語として使われるのが一般的ですが、丸太の皮をむく作業もこういいます)(エンゲージやマリッジなど、結婚には付き物といえるかもしれません。たまに全く興味のない女性もいますが)によって古い角質を落とせば、その効果をいっそう実感できるはずです。とはいえ、ピーリング(美容用語として使われるのが一般的ですが、丸太の皮をむく作業もこういいます)(エンゲージやマリッジなど、結婚には付き物といえるかもしれません。たまに全く興味のない女性もいますが)をし過ぎると肌に負担をかけてしまうでしょう。私の母は、朝、顔を洗う時、石けんや洗顔フォームで洗うことはありません。母は水以外のものを使わずに顔を洗う人なんです。母は、洗顔のときに石けんや洗顔フォームを使うと、せっかくの皮脂成分が全部落ちてしまってお肌にとっていいことではないから水だけでかまわないという石けん不必要説を頻繁に話してくれます。そんな母はですが、65歳という年齢を感じさせずすべすべしています。紫外線やターンオーバーの乱れなどが、肌のくすみに影響するという専門家もいます。

乱れがちな肌の調子をよくしてくれる方法に、アロマオイルが例として挙げられます。特に、新陳代謝を高め、ターンオーバーを促してくれるネロリや、血液循環の促進に効果のあるゼラニウムは、くすみに最適です。たとえばマッサージに利用するのもありですし、スチームを使う時に、数滴まぜて利用してみてはいかがでしょうか。適度な飲酒は体にいいと言われていますが、喫煙は何もメリットがありません。

きれいな肌というのは本来、毛細血管による活発な代謝が行なわれている状態ですが、喫煙により毛細血管が収縮すると肌細胞の維持と再生に必要な水分や栄養素が不足し、老廃物が貯まってしまいます。普段、表皮はその下にある真皮の保護として働いていますが、機能が劣化するともっと深い部分(真皮)まで衰えが生じ、皮膚の表面が荒れて最初は小さなシワでも、一度出ると急速に広がってしまうでしょう。ダイエットの反動などで喫煙が習慣化した人もいるようですが、「キレイ」のために喫煙は辞めて、その他の気分転換を見つけるようにしましょう。ほうれい線を目たたないようにするには、率先して美顔器を使ったスキンケアするのがいいでしょう。たった2本のほうれい線なのですが、されど一度できてしまったほうれい線をスキンケア化粧品で薄くしたり消すことは簡単にはできません。なので、美顔器を日頃のお手入れに使って、肌の深いところまで美容成分を染み込ませることが大切です。化粧水や乳液をつけないと、どうなるかというと、多数の人は肌がボロボロになることを想像するのではないかと思いますが、現実にはまったく別で肌はゲンキを取り戻します。化粧品を使用することは肌への負担が強いので、それをすべて取り払ってワセリンを塗るのみにするのが最も優しいお手入れ方法だと言えます。

お肌の老化をケアするには自分の肌質に合う化粧水、コスメをチョイスすべきだとされています。自分だけでは決めかねる場合は、店内の美容担当者に相談してみても良いことだと思います。私も自分ひとりではなかなか見つけられない時にはよく使っています。

以前、美白重視のスキンケア産品を使っておりましたが、皮膚に合わなくなり、保湿とアンチエイジングに主眼を置いた製品へ取り替えました。化粧水が何種類(時には新しく発見されることもあるようです)あるのに当初は戸惑いましたが、真冬でないのであれば顔を洗った後のスキンケア方法はこれだけで十分です。冬季の時期には夜のケア時にクリームを塗布するだけという簡単なものになりました。

お風呂上がりはのんびりスキンケア。

そんな人は多いのではないかと思います。たしかに洗顔し立ての肌や入浴後のマシュマロみたいで、まあまあ潤っているのがわかりますよね。

でもそれって、表面だけなんです。ゆでた野菜があっというまに乾燥するのを思い出してください。

シワや乾燥の原因を創りやすい時間ですが、考え方を変えれば「肌がどんどん水を飲み込む」時間でもあります。ただ、この時間帯さえうまくコントロール(特に精神を制御するのが難しいといわれていますね)すれば、毎度のスキンケア効果がうんと高まります。お風呂上りは顔を拭いたら時間を置かずに低刺激で潤い効果の高い化粧水で本格的なお手入れ前のファーストケアを施してあげましょう。