Press "Enter" to skip to content

主に30歳から50歳手前ぐらいの年代

主に30歳から50歳手前ぐらいの年代の女性が思いわずらう「肝斑」という肌トラブルがあります。

左右の目の下の少し頬側にできるシミで、クマのような感じです。肝斑があらわれる原因として関連性があると思われるのが女性ホルモンで、肝臓の調子が悪いから出るといったものではありません。肝斑の治療にあたり、現在、第一選択とされているのはトラネキサム酸の内服で、内服薬(薬によっては胃腸に負担をかけてしまう恐れもあるため、胃腸薬を一緒に処方されることも少なくありません)というかたちで、大手化粧品メーカーとか製薬会社によって市販されています。

肝斑は特殊な症状ですので、一般的なシミ改善法を試し立ところで効果が期待できないのが実情です。肌のくすみが目たつ原因として糖分(単糖、二糖、少糖など、色々な種類があります))の摂り過ぎを疑って下さい。お菓子でオナカを満たしていると幾ら化粧品でケアをしてもお肌がくすんで、黄ぐすみ状態になることがあるでしょう。

コラーゲンと糖は結びつきやすく、その結果コラーゲンの働きが弱まっている可能性があります。

コラーゲンと糖から、老化の原因となる物質ができることをコラーゲンの糖化と呼んでいます。肌のみならず、全身の老化を進めないよう、甘いものは控えて下さい。シミだらけのお肌になってしまったら、実年齢よりも年上に見られてしまうでしょう。歳を取るにつれて、皮膚の回復力が弱化していき、少しずつの日焼けが蓄積して残ってしまいますので、日焼けに対してさらに警戒しましょう。日差しを遮るような帽子、または日焼け止めなどで紫外線を浴びるのを防ぐのに加え、さまざまな野菜や果物から多くのビタミンCを、今までよりももっと摂っていきましょう。

ついに誕生日がやってきました。

私も40代になってしまいました。

これまではUVケアと安いローションくらいしか使っていませんでしたが、幾らなんでも、こんな簡単なスキンケアでは十分とはいえない年齢ですよね。

エイジングケアにはいろいろな対策があると聞いているので、調べてみたいと思案しています。通常、基礎化粧品はどこでも使用されていると思うのですが、どうせならばエイジングケアの化粧品を使うほうが良いと考え、最近、基礎化粧品を変えることにしました。

年齢相応の商品らしく、使用してみると肌のツヤ、ハリが明らかに変わり化粧のノリまでもがちがい、もっと早くから使っていればよかっ立と感じています。先に美白にいいスキンケア製品を活用していましたが、肌に一致しなくなり、保湿とアンチエイジングを重んじる製品へ改めました。化粧水が2種類あるのに出だしは戸惑いましたが、冬のピークでなければ洗顔後のスキンケア方法はこれだけでたくさんです。

冬の時期には夜のケア時にクリームを塗布するだけという簡単なものになりました。

以前に比べて、肌の衰えが目立ってきたかも知れない、気になる方はスキンケアでアンチエイジングを実践しましょう。一番すぐれた方法は保湿化粧水をたっぷり使ってお肌をしっとりさせることです。乾燥は肌のハリをなくしシワを作りますので、ヒアルロン酸(角膜移植術などの眼の手術の際に、補助剤として使われることもあるそうです)配合の化粧水で、しっかりと潤す事が大切です。お肌が乾燥しているという方はたくさんいらっしゃると思いますが、スキンケアのやり方を変えるだけでびっくりするくらい肌質が改善します。洗顔石鹸をもこもこに泡立てて洗い、ぬるめのお湯で洗浄する事で肌のうるおいを逃さないようにする事ができるのです。逆に、乾燥肌に良くない洗顔方法は拭き取り型の洗顔シートを使う方法です。必要な皮脂まで落としてしまうので、このお手入れ方法はやめておいた方がいいでしょう。水やお茶で毎日2リットルの水分を摂ると健康な身体を創るとされています。お肌の内側からも、水分を補給しなければなりません。

水分を十分摂らないと、肌の血行も悪くなるでしょう。老廃物が排出されないため、黄ぐすみの原因になります。また、肌の奥から乾燥して、くすみだけでなくシワやほうれい線も目立ってしまいます。特に女性は水分不足に注意して下さい。ファストフードやスイーツは美味しいけれど、摂り過ぎると肌荒れの原因になりますよね。そのような時には食べ物で解消しましょう。スキントラブルに効く魔法の食べ物は納豆であるのです。

納豆が内包するビタミンBが代謝促進を後押ししてくれます一日一回、一パック納豆を摂取して肌トラブルを改めましょう。