Press "Enter" to skip to content

緑茶は、お茶の中でもトップクラ

緑茶は、お茶の中でもトップクラスのカテキンがとても豊富です。カテキンは、加熱などでビタミンCが壊れることを防ぎ、ビタミンCの効果をさらに高めてくれます。

活き活きした白い肌を保つために有効なビタミンCをたくさん摂りたいところなので、緑茶でカテキンとビタミンCを供に摂取することが可能なので、メラニン色素が沈着し、シミの元になることを防ぐ事が出来るでしょう。気がつけばアラサーになっていて、シゴトもあれこれ任されるようになり、毎日忙しくしているのですが、ある時、鏡をチラっとのぞいて何か違和感があり、もう一度しっかり自分の顔を見てひっくり返りそうになったのです。目のくま、ホウレイ線!無理をして、溜めこまれた疲労を思い知らされた気がしたのです。

この衝撃の日以降、私は心に誓いました。どれ程疲れ切って家に帰ってき立としてもメイクしたままの顔で眠ってしまったりしないよう、ちゃんと一通りケアをして、肌を守るためにできることをしよう、シワの増加を防いで、これ以上老け顔に見えないようにしよう、と心に誓いました。お肌のくすみを引き起こす要因として、糖分の摂り過ぎを疑って下さい。おやつなどで糖分を摂り過ぎてしまうとどんな化粧品を使っていてもお肌が黄ぐすみを起こすことがあります。コラーゲンと糖が結合し、はたらきが弱まっていると考えられます。コラーゲンと糖の結合によって、老化を加速する物質が生じることをコラーゲンの糖化と呼ぶのです。全身の老化が進行しないよう、糖分の摂りすぎにはくれぐれも気をつけて下さい。美肌になるためにバランスのとれた食事は絶対的に必要です。特に青汁は身体に必要な栄養を取り込向ことができるため効果が肌へも期待されます。食生活を見直すと同時に適度な運動や代謝アップできるように入浴やスキンケアは肌にあったものを使用するなど美はまさしく一日にしてならずであると思われます。

シミは、スキンケアの悩みの中でも多いです。年を取ったり、紫外線による日焼けによってシミの原因となるメラニン色素が生成され、沈着するからで、シミのせいで実年齢以上により上に老けた感じを周囲の人に与えてしまうようです。もし、顔にできてしまうと大変気になってしまうものですが、シミ予防は、毎日、お肌の手入れをすることで可能ですし、スキンケアが不十分でシミができてしまっても、他に方法はあります。

まったく我流ですが、スキンケアをとおして実感することがありました。具体的に言うと、表皮が薄かったり、シワがなくても肌が硬いと、早くシワを招くということです。逆に柔らかいほど後々シワができにくいのです。ただ、恵まれた肌質だと思って放置していると、柔肌も硬く変わってしまうので、きちんとケアしていくことが大事です。

私は放置していたのですが、しばらく前から夏に炭酸水洗顔を始めて、秋からいままで市販の炭酸パックを使っていますが、パック後の肌のプルプルが長く維持できるようになってきてからシワが気にならなくなってきて、びっくりしました。

もしかすると首もやっておいたほうがシワが消せたのかも。今はお風呂で炭酸パックをしています。

日々の顔を洗うという行為ですが、現在までほとんど洗顔料をこだわらずに買っておりました。ただ、美意識の高い友達に言わせるところによれば、休向ことなく毎日使用するものだからこそ、ポリシーをもたなければならないとのことでした。気になる乾燥や小じわがある私には、保湿成分が配合されたものや加齢に対してケアできるものを使った方がよいそうなので、見つけ出してみようと思います。

肌のシミが目立ち、取り除きたい場合に有効なのは、皮膚科によるシミ取りレーザーやケミカルピーリング(独身の頃は指が細かったのに、結婚してしばらくしたら太って抜けなくなる・・・なんてこともあったりしますね)と言えます。これらの施術をおこなう上でのメリット(人付き合いの際にはあまり考えないようにしたいものです)としては治療した直後に効き目が表れ、時間をかけることなくシミを消すことができるという点です。自分でシミを消したい場合は、薬局やドラッグストアなどの皮膚薬コーナーにある色素沈着に効く薬を使用するか、ホワイトニング効果のあるハイドロキノンが配合された化粧品が美白ケアに効果的です。表面の脂分が汚れをくっつけたり毛穴や黒ニキビの原因となることもよくあります。このような肌トラブルを繰り返すと、シミやたるみを誘発させてしまいます。

肌トラブルを防ぐために一番大切なのは洗顔です。

大量の泡で丁寧な洗顔をするようにしましょう。

もっとも、一日で何度も洗うことは、かえって肌を傷めてしまいます。肌のしみ取り方法のひとつとして、オキシドールを使うという話を聞いたことがあるのですが、傷口などの消毒液であるオキシドールを、健康である肌に使用するのはすごく重荷になりますからはないでしょうか。

また、オキシドールで髪の毛の脱色を試みた方もいらっしゃるでしょうが、一発で髪に深刻なダメージが出ます。肌にもダメージを与えるとしか考えられないです。