Press "Enter" to skip to content

洗顔、スキンケアには保湿が一

洗顔、スキンケアには保湿が一番大事なこととなるのです。入浴中は水分がお肌からどんどん抜けます。肌を乾燥から守るために、保湿液、乳液を塗った後には保湿クリームを使うことをお薦めしております。夜に保湿クリームを用いると肌への潤いが朝までつづき、メイクのノリも良くなります。基礎化粧品を使う手順は人により差があるはずです。

自分は普段、化粧水、そてい美容液、最後に乳液の順番で使用しますが、一番先に美容液を使うという方もございます。

どのやり方が一番私のお肌に合っているお手入れ方法なのかは実際に試行してみないと把握できないのではないでしょうか。

お肌にシワができる環境要因として真っ先に思いつくのは、乾燥でしょう。

大学病院の皮膚科では皮膚が弱い人は「真夏でも保湿」が常識です。汗で皮脂(過剰に洗浄すると、必要な分まで洗い流してしまい、乾燥肌になったり、多く分泌しすぎてしまうそうです)が出すぎると回復に時間がかかってしまい、その間に老化が進みます。それぞれの肌質に合った乾燥対策がありますが、潤いが持続するようなケアを、必要な分だけ行なっていく必要があります。外出先の乾燥も気になるので、ミニサイズのミストスプレーでときどき肌を潤してあげると、脂質と水分のバランスがとれて良いでしょう。

また、夏以降のキレイ肌を創るために、夏の間は徹底してオイルマッサージ(厚生労働省の定義では、「体重をかけ、対象者が痛みを感じる強さで行う行為」なんだそうです)やフェイスパックなどの保湿中心のスキンケアを行ってちょうだい。柑橘類のみかんなどはビタミンをたくさん含んでいるのでお肌のターンオーバーを活発にし、シミのないお肌にするためにぜひ食べて欲しいものです。けれども、みかんを食べるタイミングには気をつけてちょうだい。

朝からたくさん食べた後、強い紫外線を浴びると、ソラレンなど、柑橘類に含まれる一部の成分が紫外線に敏感に反応するようはたらき、む知ろシミが広がることもあるそうです。美肌効果をねらうのなら、紫外線を浴びない夜に食べた方がいいですね。

シワの原因の一つに紫外線があるので、外へ出る際は肌に日焼け止めクリームを塗ったり、日傘を指して紫外線から肌を守るなど紫外線対策を十分に行ないましょう。さらに、数多くの紫外線を浴びた時には、ビタミンCの美容液等を肌に塗るなどして肌手入れをしてちょうだい。毎日きっちりとスキンケアを行うことで、シワを予防することができます。以前から雑誌やSNSで話題になっている断食に挑戦しました。断舎利ではなく、断食(ファスティング)の方ですよ。相性が良かったのか短期間にサイズダウンに成功しました。きれいになるためにそれなりの苦労をして、運動も併用していたのですが、なんだか肌にハリがなく、シワが目立つような気もします。急に痩せてシワが出るほどの体型ではないんです。そもそも顔は痩せてないし。どうでしょう。

これってダイエットと関係あるのでしょうか。肌の手入れはしていたけど足りなかったのかも。しばらくはシワケアのほうを重点的にしていく予定です。スキンケア真っ最中にちょっとしたことを考えつきました。それはこういうものでした。柔らかい質の肌にはしわがあまりできないのではないか、と言う事です。

目尻にある細かいしわとか、ほうれい線(医学用語では、鼻唇溝というそうです)とかがこれは仕方がない、と半分あきらめつつ、気になっていたわけですが、周りでちょっと評判のいい、炭酸パックをやり始めて、なんとなくですが、肌の柔らかさを感じられるようになったあたりからしわは、それほど目たたない感じになってきたようでした。

炭酸パックのおかげだとしたら、嬉しいものです。お肌を見れば、肝臓の調子もわかります。

肝臓は休向ことなく、食事や呼吸によって体内でできた物質を代謝・分解することにより人体にとって無害な物質に変えていくのです。有害な物質を解毒しきれないと、有害物質を含んだ血液が再び体内を巡るので、お肌にたまると肌荒れやくすみの原因となるのです。

日頃から肝臓の調子に気を配ることがお肌を内面からきれいにするために欠かせない要素です。女性の多くは加齢が進むとお肌のシミや角質によるごわつきが気になってきます。こういったことは自然に起こりうるものですが、どうしても見た目の印象としては悪くなりがちです。とはいっても、お肌のお手入れをしっかりすればそれらの肌トラブルが改善する可能性は十分にあるでしょう。

スキンケアを継続していくことで、きれいで若々しい肌を蘇らせましょう。

顔にシミがあるだけで、見た目年齢を引き上げてしまいます。シミの正体とはいったい何なのかといえば、皮膚の細胞内で産生されたメラニン色素が剥がれ落ちることなく、皮膚に残ってしまったものになります。ターンオーバーを正しく整えると少しはシミを目たたなくすることが可能となるのですが、市販のピーリング(正式な名称は、ケミカルピーリングです)剤によってお肌の古い角質を取り除くと、さらに効果がアップします。ただし、過剰なピーリング(正式な名称は、ケミカルピーリングです)を行うと、かえってお肌にダメージを与えてしまうことになるでしょう。