Press "Enter" to skip to content

素顔に年齢を感じるときってありますよね。いま

素顔に年齢を感じるときってありますよね。いまがちょうどそんな感じです。長く下を向いていたあとに目の周りや口の周りにできるシワがあり、悩みの種なんです。「皺は年輪」の年齢にはほど遠いのに。肌のケアは忙しくても時間をとるようにしているつもりです。

特に冬には白く粉を吹くほど乾燥するところなので、クリームとジェルの合わせテクニックで水と脂を補充するスペシャルケアを欠かしたことはないですが、エイジングケアに切り替える年齢に差し掛かったのかもしれません。「ポリフェノール」は美肌効果を持たらす成分として、注目されています。その一番のメリットは、抗酸化作用(体内で生成される抗酸化酵素や体外から摂り入れる抗酸化物質がその働きをします)になります。

活性酸素のはたらきを抑えることで、お肌にシミができるのを防いだり、悩んでいたシミにも目たたなくしてくれます。いいこと尽くしの美肌の友ともいえるポリフェノールですが、残念ながら、体に蓄積されにくいために効果は3時間から4時間しかないのです。なので、美肌造りのために常に意識しながら生活するといいですね。肌にできてしまったシミは、それだけで見た目年齢に影響するため、厄介なものです。

そもそもシミとは何なのかに着目すると、皮膚の細胞内で産生されたメラニン色素が皮膚の表面から剥がれ落ちず蓄積されたものをいいます。肌のターンオーバー(老化と共に必要な日数が増えてしまうでしょう)を促進することで多少はシミを薄くできる可能性がありますが、ピーリングで余分な角質を取り除くと、よりその効果が現れやすくなります。ただし、過剰なピーリングを行なうと、お肌の負担となってしまう危険性もあります。一番多い肌トラブルは水分不足ではないでしょうか。カサつきはとてもやっかいで、それがきっかけでシワシミが出来てしまったり、肌荒れになってしまうでしょう。そんな悩みにおすすめなのが、お風呂から出たらすぐ化粧水をつける事です。

肌が一番乾燥しているのはお風呂上りなので、10秒以内を目指して化粧水をつけるのがあるべきケア方法です。きっかりメイクも良いけれどやっぱり大切なのはそもそもが美しい肌沿う思います。ちょくちょく肌をこまめに手入れして、肌に元々備わった天然の美しさを引田し、いつか生まれたままの素顔でも人前に出るのが楽しくなるくらいの自信をもつことが要望です。

個人差はあると思いますし、これはあくまで私個人の主観ですが、シワが顔と一体化し、顔の一部になる年齢は大体38歳だと思っています。なに知ろ、この年齢になると体の疲れはなかなか消えてくれないし、目の下に横たわるクマとかほうれい線が急に顏の中で存在を主張し始める気がするからです。こうなる前は、一日が終わって肌がすごく疲れていても、ちょっとしたケアをしてあげれば次の日の朝にはちゃんとげんきを取り戻していたと思うのですが、38歳を過ぎたらお肌の調子が整うまで、かなり時間がかかってしまい、もうずっと、疲れた状態が続いているように思います。

一般的に「きれいな肌」と言いますが、具体的にはどんな肌を指すと思いますか。腕の内側と手の甲を比べてみると差は歴然でしょう。きめ細かい肌というのは皮膚の模様が小さく、きれいな三角形を描いている状態を言います。一方、乾燥や紫外線などのストレスを多く受けた皮膚は模様(きめ)が乱れてきたり、角質層が厚くなって硬いような印象になります。肌の一番外側にある表皮の保護機能が損なわれているので、真皮へのダメージは不可避です。弱った土台では今までと同じように肌を支えることができず、フェイスラインがくずれ、しわになるのです。

沿うなる前のケアが大切でしょう。

ところで、ファンケルが出している無添加スキンケアとは、かのファンケルのお肌のケアを考えたシリーズです。

無添加化粧品では圧巻の知名度を誇る企業ですね。

こんなに多くの人に幅広く長期間愛用されているということは、それだけ商品が高品質だと言う以外にはないと言っていいでしょう。30歳を前にしごとの責任(何か問題が起こったら、所在をはっきりさせないと、再発する可能性が高くなります)も増し、帰宅してメイクを落としたらすぐ寝るような生活を続けていました。早く退社した日に買物に行って、店頭の鏡を見たときに落ち込んでしまいました。肩凝りもひどかったので血行が悪かったのでしょう。

すごいクマで(私は地黒なのでパンダかも)、これが自分の顔かなって。。。その土日にゆっくり眠ったあと、考えました。体も肌も心も、疲れを残してはダメなんです。

スキンケアにかける手間と時間を設けて後々に繋がる美容を大切にしようと思いました。こういう手間って、自分自身でしかできないですからね。

美容の技術は目覚ましい進歩をとげており、今では肌のシミを消すことも可能になりました。どうやってシミを消すのかというと市販のシミを改善するためのアイテムを使うことによってシミへの効果をみるというもの、皮膚科などでシミ除去を行なうといった2つの方法が可能です。

かかる金銭的、または、時間的負担を考慮して、自分に適した方法でシミの改善を目指してください。