前へ
次へ

ダイエットは医療にとって病気予防になります

今やダイエットは医療にとって、切っても離すことができない事案になっています。
メタボリックシンドロームなど肥満と位置づけられている人は、生活習慣病になる確率が高く、高血圧や糖尿病などになってしまうと命に関わる合併症になります。
ダイエットをするには正しい知識とやり方が必要になるので、医療施設や専門の運動施設で指導を受けることになります。
有酸素運動によって体についている脂肪を燃焼することが出来るので、ウォーキングなどは効果的な運動です。
ただしランニングなども有酸素運動ですが、強度が高いために脂肪燃焼よりも疲労感が高くなることがあるので、あまりお勧めできません。
もちろんしっかりと運動をやっている人では、ランニングなどの強度の高い運動で大丈夫ですが、ダイエットをするにはウォーキングから始めることがベストです。
運動効果で脂肪燃焼することで血液の流れも良くなり、血管内の血圧に好影響を表すようになるので生活習慣病予防になります。

Page Top